キービジュアル

カテゴリ一覧

記事一覧

月別一覧

カテゴリー: スタッフブログ

☆小顔になりたい方必見☆

こんにちは♡

 

すっかり寒い寒い冬の季節がやってまいりましたね⛄⛄

 

2017年も残りわずかですよーーーーーー!!!!!!!!!

 

私の今年の目標であった料理を勉強する・・・・・・

は、

 

全く達成されませんでしたーーーーーーー😢😢😢😢😢

 

ぁあ。。。。😐

 

またしても来年の目標へ繰り越しです。。。

 

 

さて☆

 

先日写真を見返していたら、こんな写真を発見したので今更ながらご紹介です*

 

以前スタッフが、注射の処置をした時の比較写真です‼

 

 

当院の人気鉄板メニューの一つ、

 

*エラのボツリヌストキシン

*脂肪溶解注射

 

の組み合わせです♪♪

 

 

脂肪溶解注射はフェイスラインと頬に注入致しました☆

 

 

エラが張っていることや、フェイスラインの脂肪に関してはなかなか自分ではどうしようもできない部分ですよね・・・😱💦

 

 

 

そんな時は‼‼

この組み合わせ処置がおすすめですよ♪♪

 

 

エラのボツリヌストキシンの効果は大体2週間後くらいから💡

脂肪溶解注射は2~3日後くらいから効果が出始めてきます💡

 

 

セットで行うと、より変化が見受けられます☆

※注入量や効果には個人差がございます

 

 

ぜひ気になる!!!という方はカウンセリングだけでもご予約承っておりますので、お気軽にお申し付け下さいませ☺

 

 

年末のお休みを利用してぜひお越し下さい🎄✨✨

 

 

 

皆様のご予約心よりお待ち致しております☘

 

 

Dr.おすすめ処置:ヒアルロン酸注入

Dr.おすすめブログ

 

 

 

 

カテゴリー: スタッフブログ

ワキ汗を止めると他からたくさん汗が出ますか?

こんにちは、ドクターの 高澤博和 です。最近暖かさを通り越してすでに暑くなってきたなと感じます。本日はよくあるカウンセリングのQ&Aシリーズです。

 

「ワキ汗を止めると他からたくさん汗が出ますか?」

 

という質問をよく受けます。制汗のためのボツリヌストキシン注射はかなり一般に浸透してきているようで、気に入った方がご家族を紹介していただくようなことも多く、気軽な雰囲気で受けていただいているようです。

 

さて、質問の答えですが、

 

「ボツリヌストキシン注射でワキ汗が出なくなったことが原因で、ほかの場所から汗が増えるということはありません。」

 

ということです。全身の生理学をを修めた医師の身としては、どうしてこのような疑問がおこるかどうか理解しがたいと一笑に付すところですが、一般のかたからこういう疑問をいただくことは、別の意味で勉強になります。

 

 

人間の思考回路は、因果律を生理的に拒みえないようにできていますので、時間的・空間的・思考的に近接した事象を因果で結びつけることは自然な現象です。そういうことから考えると、こういった誤解が生まれる理由も自然に理解できます。つまり、

 

「ワキ汗が出る季節は、他の場所からの汗も量が多くなる季節ですので、ワキ汗を止めたくなってワキボツリヌストキシン注射を受ける季節には、他の場所からの汗も量が多くなる傾向があります。」

 

ということで、これは因果関係ではなく、ただそういう時期にワキボツリヌストキシン注射を受ける人が多いということでしかないのです。それでも、人間の生得的な知性が、それを因果であるかのように感じさせているわけですね。面白い現象です。

 

ワキ制汗のためのボツリヌストキシン注射は、プライムパスを使用するとお得に受けられます。また、8月末まで局所麻酔注射(通常¥3,240)が無料になるキャンペーンをやっております。ご都合に合わせてご利用ください。

 

 

おすすめ: スタッフブログ ワキのボツリヌストキシン注射 キャンペーン

おすすめ: ドクターブログ 痛いですか?

カテゴリ: ドクターブログ Q&A

 

 

カテゴリー: スタッフブログ

「なんかスッキリしたね!?」~プチ小顔(エラボトックス・ボツリヌストキシン注射)~

こんにちは、ドクターの aiko です💕

 

先日、 エラのボトックス(ボツリヌストキシン) を初めて注射してみました(自分に)。

 

可能な施術は極力やってみる というスタンスの女医です(笑)

 

自分の顔は一般的にいうと、エラは張っておらず、必要あるかないかでいうと微妙なところかもしれませんが、それでももっと小顔になれればこの上ないですし、美への追及は止まりません・・(;’∀’)

自分のエラを触診をしてみると、結構しっかりした筋体を確認できたので

(エラの部分を触りながら奥歯を噛みしめてください、膨らむと思います、それが咬筋で、いわゆるエラボトックスはここに打ちます)

これをボリュームダウンすることで、ある程度の小顔は望めそうです!

 

実際に打ってみると、刺入点の感覚(筋膜を貫通する感覚等)、痛み(どのポイントが痛いか)の把握、効果の出現具合・持続、副次的な症状の観察など、得るものが多いです。

 

効果は一般的に注射後 3~4日 で出現すると言われますが、表情筋(皮膚を動かす筋肉、しわ治療の対象となる)に比べると、その時点での実感というのは少ない気がします。

なぜなら、表情筋のボツリヌストキシン治療では筋肉が動かなくなるのが一目瞭然ですが、一方、骨格筋というのは主に関節を動かす機能があり、(その機能を止めてしまうくらい大量に打てば話は別ですが・・)動きを止めるというより、作用を減弱させて、廃用性萎縮(痩せさせる、ボリュームを減らす、骨折などでギプスをすると筋肉が痩せますよね)を起こさせるのが目的だからです。なので、エラの場合には、なんとなくだるい、咬む力が 少しだけ 弱くなったかも、というような症状が出ますが、その時点から確実に筋肉のボリュームは減っていくはずなのです。この、少しだけ、が重要で、咬む力がなくなっちゃうこともあるのでは?と心配する人がでてきそうですが、それは心配いりません。咬むという動作には、咀嚼筋群という複数の筋肉が作用しているので(側頭筋など)、ものが咬めなくなるこはありません。

また、さらに良いことに、人によっては、歯ぎしりをしなくなる、なんて嬉しい副次効果も期待できるんです。

歯ぎしりの治療でエラのボツリヌストキシン注射を行うひともいるくらいです。

 

さて、ここからはプライベートのことになりますが、髪型を変えてもヒアルロン酸を注射しても全く変化に疎いウチの家人ですが、なんと今回ばかりは

 

 「なんか、最近、顔スッキリしたね?!」

 

と言われ、ビックリ!!

施術の事実を知らない人にまで変化を感じさせるんですね、輪郭ってすごい!

ちなみに、当院でプチ小顔を施術した方にお聞きしたところによると、半分くらい(院長調べ)の方は、周囲の人に 「痩せた?」 と聞かれるそうです。

 

大事なことを忘れていました。

このプチ小顔治療、3-4か月おきに 数回 続けて受けると、より効果が出ます。

一回の注射では、薬の効果が減弱すると再び筋肉が動き出し、筋量がもとに戻ろうとします。

完全に戻らないうちに、2回目、3回目、と継続することで、ベースの筋量が、未治療時に比べて低いレベルに保たれ、キープできるようになると言われています。

 

この、プチ小顔治療、ご興味のある方はぜひ、プライム銀座美容クリニックの医師にご相談ください💕

 

 

 

 

カテゴリー: スタッフブログ

内出血しますか?

こんにちは、ドクターの 高澤博和 です。よくあるカウンセリングのQ&Aシリーズです。

 

「内出血しますか?」

 

と言われることがあります。答えは常に、

「はい、する可能性があります。ですがもし出血があった場合も、ほとんどのケースはお化粧で隠せる程度です。」

 

つまり、「そのあたりは理解してほしいなあ。。。」と言いたいのです(苦笑)が、上のようなやりとりだけだと、あまり真剣に内出血対策をしていないように感じられるといけないので、ちょっとコメントしておきます。

 

 

まず内出血に関しては、一生の一大事!!ととらえる方と、まあこのくらい全然大丈夫!!と言っていただく方の両極端の立場があります。多くの方はその間ですが、後者のほうにより近い方はまあ、この後は読む必要はないかもしれません(笑)。

 

 

内出血が不安な方にとって知っておくべき大事なこと

まずは具体的なケースの経過はどのようなものか知っていますか?

・浅い出血の経過

・深い出血の経過

参考: ドクターブログ 浅い内出血と深い内出血

 

自分が受ける施術で、内出血に関わるリスクがどの程度かわかりますか?

・ヒアルロン酸注入の場合

・ボツリヌストキシン注射の場合

・水光注射の場合

・施術する箇所によるリスクの違い

参考: ドクターブログ 内出血のリスクはどの程度?

 

自分自身で積極的に内出血の対策をするための方法を知っていますか?

・ドクターの選び方

・スケジュールの調整の仕方

・マイクロカニュレが有効な場合

・血管を描出する機械の実際

参考: ドクターブログ クリニックの内出血対策は、ここに注目

 

 

こういった全てのことを理解している人は、内出血がどういう程度まで避けられることで、どの程度避けられない可能性として存在するかあらかじめ分かるので、むやみやたらに不安になることはありませんし、どの程度の不都合が起こりうるか自身で予測が立つため、いざというときにも慌てずに対応が可能です。

 

何も知識がない人に限って、不安をあおるだけの口コミに踊らされて、「絶対内出血しないようにして欲しいんですけど!!」みたいなことをおっしゃいます。自身の知識不足を埋める努力をせずに、自らドクターとのミスコミュニケーションを誘発することは、結果的に得るものは少ないと思います。そういう人に会うと、「この人は今まで一度も信頼できるドクターに会ったことないのだろうな。」と、悲しい気分になります。そういう方にもできるだけ簡単で分かりやすい説明から順番にさせていただくようにしていますが、最初のセッションで理解が得られない場合には処置をお断りさせていただいたり、リスケジュールをお願いすることもあります。

 

 

不安は知識と経験の不足からきます。丁寧に情報提供を行いますので、不安な方はプライム銀座美容クリニック院長高澤博和の無料のカウンセリングにぜひお越しください。

 

おすすめ: ドクターブログ ヒアルロン酸が吸収されたら余計にたるみますか?

おすすめ: ドクターブログ 麻酔は必要ですか?(注入治療の場合)

カテゴリ: ドクターブログ Q&A

カテゴリ: ドクターブログ ヒアルロン酸注入

 

カテゴリー: スタッフブログ

内出血のリスクはどの程度?

こんにちは、ドクターの 高澤博和 です。注入に関連する施術の時に内出血のリスクは、避けえないものですが、リスクがどの程度か予測がつくことで、かなり気楽になりますので、コメントしておこうと思います。

 

 

まず、内出血のリスクとは、内出血する確率のことではなく、内出血が結果として不都合を起こす可能性のこと全て、を意味します。これには相当の個人差があります。つまり、ちょっと血が出たくらいが逆に肌の調子よくなるぐらいだし、内出血のことを気にしたことがないという方には、内出血に関して特に不都合を起こすリスクはないということです。ある人にはメイクで隠すのが面倒だな、という程度のリスクですし、ある人にはもうこのままでは誰にも会えない、というリスクがあるのです。

 

 

 

内出血の可能性とそれに付随するリスクは、まず生きている人間に針を刺す時点でゼロではなくなります。針が血管に当たることで出血するので、当たらなければいいのですが、十分に注意を払っていたとしても、目に見えない血管に当たることがあります

 

 

それを前提に、施術を受ける前に考えておくべきことは、ふたつです。

① できるだけ出血しないような工夫がなされているか

② ①にもかかわらず出血したときに、不都合がないような対策ができているか

①に関しては、ある程度任せておいてもらって大丈夫ですが、当院での内出血対策に関しての記事を参考にしてもらえればと思います。

参考: ドクターブログ クリニックの内出血対策は、ここに注目

 

 

②に関しては、施術するところが少し青くなった場合のことを想定して事前に対策していただくことになりますが、一般的に

ヒアルロン酸注入の場合、製剤の硬さによっては針が太いものになります。その太さに応じては、出血の確率自体も無視できないレベルです。

施術ヵ所については、目の周囲やこめかみ、フェイスラインから首など肌の薄いところはわずかな内出血でも濃く見えやすく、皮膚も薄いためにわずかな腫れが印象に与える影響が大きくなります。逆に、ほほなど肌の厚いところは出血しても大して青くならないし、腫れた感じも目立たないことが多いという事実があります。つまりほほの注入は割と気軽に受けていただけますが、目の周囲の処置の場合には原則マイクロカニュレを使用するべきですし、スケジュールが非常にタイトな場合には目立つ可能性のある目の周囲の処置を控えておくことを検討すべきです。

 

ボツリヌストキシン注射の場合には、針がヒアルロン酸注入の場合に比べて細く、基本的に浅いところの注射ですので、出血のリスクは極端に低く、無視できるレベルに近いです。ただし、目の周囲はわずかな出血でも、小さく青く見える場合がありますので、気になることはあるかもしれません。

 

 

そして、水光注射の場合には、「ほとんどの方が、次の日にお化粧すれば、出勤できるレベル」とお伝えしています。さらに、当院で用いる特徴が異なる2機のうちヴィタールインジェクターを用いた場合には、深さの調整がデジタルで可能ですので、「前回大丈夫だった設定で続ける」ということが正確に行えますので、施術のたびごとに全然感じが違う、という不安も全くありません。

 

 

少々当たり前すぎて拍子抜けする内容になって、申し訳ありませんが、どんなクリニックでも「内出血フリー保障」の注入の施術がないということから、「忖度」してもらえれば、と思います。(森友学園の絡みで今タイムリーな言葉ですが、後から読む人にはわからないかもしれません。(笑))

 

それでも内出血に関してまだまだ不安だという方は、ぜひプライム銀座美容クリニック院長高澤博和の無料のカウンセリングにお越しください。

 

 

おすすめ: ドクターブログ 〇〇みたいにはなりませんか?

おすすめ: ドクターブログ CLEVIEL Contour(クレヴィエル・コントア)ヒアルロン酸 とは

カテゴリ: ドクターブログ ひとり言

カテゴリ: ドクターブログ ヒアルロン酸注入

カテゴリー:スタッフブログ その他の記事

クリニックの内出血対策は、ここに注目

浅い内出血と、深い内出血

失敗ですか?(ボツリヌストキシン注射)

麻酔は必要ですか?(注入治療の場合)

ついでにここにも注入出来ませんか?

このシワは何をしたら消せますか?

Copyright (C) . All rights reserved.