キービジュアル

カテゴリ一覧

記事一覧

月別一覧

サイノシュアー社 Vectus(ベクタス)とは

こんにちは、ドクターの 高澤博和 です。

医療レーザー脱毛は、非常に一般的になってきていますので、よほど古い機械でなければ効果や安全性に大差はなくなってきています。

それはそれで承知の上で、当院ではサイノシュアー社のハイエンドマシンのVectus(ベクタス)を導入しました。本日はこちらの機械のご紹介です。

 

 

なんといっても、医療レーザーですから、施術のたびに「抜けた!!」が実感でき、脱毛効率は非常によいです。さらにこのベクタスは、アクティブコンタクトクーリングの冷却効率が特に優れているため、高出力照射する場合にやけどリスクも少なく、安全を確保しやすいです。

そのうえで、当院では時間制を導入しましたので、比べていただくとわかりますが、絶対的なコスパを実現(←クリック)しています。

 

確かに少し痛みはあることはありますが、とにかく抜けます。

1回施術後のビフォーアフターです。密度も薄くなり、毛質も細く柔らかくなっているのが一目瞭然です。しかも、当院では男性の背中も5分少々くらいで照射可能です!!このスピードで、「30分の当て放題」のメニューならどこまで照射可能か(←クリック)は、大体想像していただくと、わかりやすいですね。

 

優れた機能①  業界最大のサイズながら、照射ムラのないオプティック(照射ヘッド)

左が某A社のもの、右がベクタスです。レーザーの照射後のサーモグラフィですが、左のようなホットスポットがありません。ムラなく照射されているのがよくわかります。

そしてさらに、素早い処置を行うメインのラージオプティックもこの通り。これだけ大きいのに隅々まで熱量が均一で、しかもスクエア(四角)なので、丸形のように照射に隙間や重なりができやすいということはありません

ベクタスを用いた脱毛が非常にスピーディーなのに、ムラなく抜けるのは、こういう機能があるからです。

 

優れた機能②  高性能アクティブコンタクトクーリング

放置すると環境によっては表面に水滴がつきます。この優れたコンタクトクーリングは、何時間連発で照射しても、表面温度が低いままで変わりません。全身脱毛を1時間かけて行った直後でもまだ冷え冷えです。本体内で冷却したクーラントをオプティックに効率よく循環するため、きわめてすぐれた冷却機能となっています。このおかげで

素早く施術してもとにかくやけどリスクが低い!!

ジェルの塗布が不要で施術後も快適!!

というメリットがあります。

 

優れた機能③  スキンタイプ・ヘアータイプ別の照射設定

スキンタイプと脱毛部位の毛質や密度を入力すると自動でそれに最適な照射設定となりますので、非常に安心感があります。スキンテルというメラニンリーダーはメラニン値を測ることもでき、メラニン値が高いかたは、そのメラニン値で照射できる出力の範囲を知ることができるため、常にその肌に対して安全な範囲で最大の出力の照射を選択できます

ベクタスの特徴について書きましたが、いいことばかりじゃないのって思いますよね。ひとつネガティブなことを挙げるとすると、「やっぱり痛いことは痛い」です。クーリング機能が優れているとはいえ、毛根の密度が濃い最初の1、2回目までくらいの施術はやはり少し痛みが強い感じがします。ただそれでも、「抜け」がしっかりしていてコスパが高いので、永久の脱毛としてメリットがデメリットを上回ると感じている方が多いです。

今回はベクタスの特徴について、ちょっとマニアックな内容を書きましたが、とにかく言いたいことは、ちゃんとした機械を用いて、丁寧に施術をし、そのうえでコスパを追及していますよ、ということです。

 

いつも来ていただいている方に感謝します。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

おすすめ: ドクターブログ 全身脱毛1回4万円以下

おすすめ: ドクターブログ 30分当て放題 医療レーザー脱毛

カテゴリ: ドクターブログ レーザー脱毛

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright (C) . All rights reserved.