Clinicクリニックについて

ドクター紹介

院長

髙澤 博和Hirokazu Takazawa

奈良県出身
経歴
2009年
  • 京都大学医学部卒業
  • 天理よろづ相談所病院 ジュニアレジデント 勤務
2011年
京都大学医学部付属病院 肝胆膵移植外科 シニアレジデント 勤務
2012年
  • 大津日本赤十字病院 外科 勤務
  • 大手美容外科 勤務
2015年
銀座マリアージュビューティークリニック開院 院長就任
2017年
拡張移転し、プライム銀座美容クリニックに名称変更
メッセージを見る

プライム銀座美容クリニックのホームページをご覧いただいてありがとうございます。プライム銀座美容クリニックのプライム(Prime)は、クリニック自体がすばらしいものであることを宣言するとともに、患者様が「the prime of life」(人生最高の時)を過ごすお手伝いをするということを目標に名付けました。

かつて地域の総合病院、大学病院で外科医として研鑽に励んでいた際、多忙な中で多くの「仕事」をこなすことや、患者さんを研究対象としてみる観点に対してどうしても割り切れない思いがありました。患者さんと寄りそうことが本質的に求められていない大きな医療システムの中でもがき、悩んでいるときに、とある寿司屋で食べた和食に感動したのがまだ記憶に残っています。それまで食事は栄養補給の手段という意識でしかなく、いかに流し込んで次の仕事に備えるかというイメージだったのが、口に運んだその瞬間に意識が蕩ける幸せな感覚になったのです。「人にこういう感覚を与える仕事がしたい。」と初めて思った瞬間でした。

その後自身の臨床研究医としてのキャリアへのこだわりを捨てることはそんなに難しいことではなく、美容医療の道を進み始めました。就職した大手美容外科ではよい先輩にも恵まれ、いろいろな患者さんとの出会いを通して様々な経験を積みました。未熟ながら誠意を込めて患者さんの要望に応える姿勢を貫いた結果、徐々に難しい処置を担当する機会が増えたことは望んだことではありましたが、実績を積むにつれて企業の社員としての責任を意識せざるをえない立場になっていったことが、今度は重荷になったと思います。患者さんの利益と企業の利益が相反する矛盾を自分では理解していたのですが、そういった現場で、自分がどのような態度をとるのか葛藤があった時期でした。

その後機会を得て銀座の地に開業し、そういった矛盾から自身を開放できました。ここでは自分自身のスタイルで、自分自身の信じる価値に従って美容医療を提供できるようになりましたので、より自信をもって患者さんを迎えることができます。開業して2年後、リピーターの方のご予約が取りにくい状況を懸念して、2017年にフロアの拡張を目的に移転して、現在に至ります。

プライム銀座美容クリニックは私自身のこのような信念のもと運営しておりますので、接客するスタッフにたいしてお褒めの言葉をいただくことも多いです。満足の先の感動を与えられるようなクリニックでありたいと願い、日々の診療に取り組んでいます。美容医療のことでお悩み・疑問がある場合にはぜひプライム銀座美容クリニックでご相談ください。

医師

中西 純也Junya Nakanishi

東京都出身
経歴
2001年
関西学院大学法学部卒業
2009年
兵庫医科大学卒業
2009年
宝塚市立病院 勤務
2011年
大手美容外科 院長勤務
2015年
プライム銀座美容クリニック 勤務
メッセージを見る

患者様とお話させていただく中でその人となりや大切にされていることをくみとり、同じ施術であっても個人のニーズに合わせた細かな気配りを心掛けて毎回施術に臨ませていただいております。また医師特有の堅い雰囲気ですと患者様が相談したいことも聴きにくいということがあるかと思います。そういった相談しにくさを感じさせないようなカウンセリングを心掛けております。患者様のためにならないと思われる処置に対しましてはメリット・デメリットや処置後のイメージなどもしっかりと伝え、時にはお断わりさせていただくこともございます。

一期一会の患者様との出会いを大切に処置して終わりではなくアフターケアはもちろん、そこから患者様の自信や幸せのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

医師

豊島 愛子Aiko Toshima

神奈川県出身
経歴
2005年
産業医科大学医学部卒
2007年
業総合病院北見赤十字病院にて初期臨床研修修了
2007年
昭和大学形成外科学教室 入局
2007年
昭和大学病院形成外科 勤務
2008年
横浜労災病院形成外科 勤務
2009年
藤枝市立総合病院形成外科 勤務
2015年
山梨県立中央病院形成外科 勤務
2017年
都内美容外科・美容皮膚科 非常勤勤務
2017年
プライム銀座美容クリニック 勤務
メッセージを見る

自分自身もアンチエイジングを実践し、美を追求する者として、患者様と同じ視点からの施術を大切にしています。痛みのコントロールや、仕上がりの満足度には定評を頂いております。

また自らボディメイク(RIZAPボディメイクグランプリ2018東京大会モデル部門3位入賞)を実践していること、健康管理医(産業医)の視点からも、総合的な美のプロデュースを提案していきたいと考えております。

アンチエイジング・健康美に関する皆さまの主治医として永きにわたりお付き合いできれば幸いです。

特別技術指導・顧問医

末永 裕信Hironobu Suenaga

福岡県出身
経歴
2009年
長崎大学医学部 卒業
2009年
一宮西病院 勤務
2011年
大手美容外科 勤務
2014年
水の森美容外科 勤務
2015年
水の森美容外科銀座院 開設 院長就任
2019年
プライム銀座美容クリニック医師、特別技術指導・顧問医 就任
メッセージを見る

プライム銀座美容クリニック特別技術指導・顧問医に就任いたしました末永裕信と申します。

私の診療におけるモットーは「患者様が期待されている以上の結果を出して感動を与えること」です。美容医療に従事していると、美容医療業界の発展とともに年々期待の水準が高まっていることを実感します。それは美容医療そのものに対しての期待であり、医師個人それぞれに対しての期待でもあります。そういった期待の高まりに自分の技術で応え続けたい、そう思って技術を研鑽することはもとより、患者様から信頼される人格の形成が重要であると考えています。

これまで私は年間平均およそ、脂肪吸引200例、目元1700例(埋没、全切開、眼瞼下垂、下眼瞼下制、等含む)、鼻整形500例、プチ整形1200例、アンチエイジング800例など、美容外科医としてはかなりオールマイティーに施術を行い、美容医療の技術を高めてまいりました。私自身の技術の幅が広がり、術式の精度が高くなり、術後の結果の安定性が高まるにつれ、より患者様の理想に近づくための方法が実は、カウンセリングの中にあることを、実感としてしみじみと感じるようになりました。

来院する患者様が求めているものは、普通は最初の段階ではあいまいです。具体的な理想像がある場合でもまったくの他人になりたい要求であったり、ときに突拍子のない理想をお持ちの方もいます。これらの要求をいかに現実の理論で術式に落とし込んでいくかという作業をカウンセリングで行います。未熟なころは未熟さをごまかすようにあれもこれもできると自身を売り込むことばかり語ったり、通り一辺倒のリスクを伝えるだけの独りよがりなカウンセリングになりがちですが、経験を積み、技術的に余裕が出てくるにつれて、「どこまで患者様の意識下にある理想を具体的に引き出せるか」という姿勢でカウンセリングに臨むようになります。そのようなカウンセリングの中で、あいまいだった患者様の中の理想が徐々に具体的になると、術後どうなるかわからないということによる不安が除かれ理想に近づけるという確信が得られてきます。それにしたがって、最初不安でいっぱいだった患者様の表情が明るくなるのがわかりますし、十分な信頼を得て治療に臨むことは私が最も大事にしていることです。

高澤院長とはかねてより面識はありましたが、改めて就任のお誘いをいただいて話をしていると、美容医療に携わる環境は異なる場所ではありましたがお互いに充実した経験を経て、なんとも同じような感覚にたどり着いていることに非常に共感を覚えました。プライム銀座美容クリニックは比較的新しいクリニックですが、院長を含め、すべての在籍する医師たちが濃密な診療経験に基づいて真に安心できる美容医療を提供しているクリニックだと思います。そうしたクリニックに来られる意識の高い方々から最大の信頼を得ることと、治療を通して感動を与え続けることを目標に、真摯に診療を行いたいと思います。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半