Newsお知らせ

当ブログについて

当ブログではクリニックからのお知らせのほか、ドクターを含むスタッフの日々の雑感などを更新しています。

カテゴリ

最新記事一覧

 治療を受ける方から、よく聞かれる質問についてお答えします。より具体的な、ためになる内容のものは「コラム」のコーナーをご覧ください。ドクターブログでは、医学的な観点からはかなり外れたごくごく個人的なしょうもないやりとりを紹介するものですのでご了解ください。

「どれくらい〇〇になりますか?」

という質問を、大変よくお受けします。 バリエーションは様々で、

「どれくらい白くなりますか。」

「どれくらい引き上がりますか。」

「どれくらい小顔になりますか。」

「どれくらい・・・」

毎日のように聞かれます。

 

 カレー屋さんで、

「中辛ってどれくらい辛いですか?」

と客から聞かれたときの店員さんの気持ちです。

 

 愚痴じゃないですよ!!ここから役に立つ話が続くんですよ!!

 

 

 僕自身は実際の効果の目安だけではなく、結果的に本人が満足するかどうかということを念頭に返事を使い分けています。せっかくですのでご来院いただく方の参考までに、

「どれくらい◯◯になりますか」

という質問に対する僕の返答をランク付けすると、

  • 「けっこう」
  • 「まあまあ・そこそこ」
  • 「回数が必要です」
  • 「効果には個人差があります」
  • 「効果はありません」

になるでしょうか。以下にひとつずつ説明を加えます。

 

  「けっこう」

 これは、控えめに言っていますが、かなり満足させる自信がある時に用います。おそらく本人が期待している以上の効果がでるな、と直感した時に言うようにしています。「1、2回でけっこういい感じですよ。」のように言います。

  「まあまあ・そこそこ」

 基本的には施術を行うことで、よい効果が得られますが、おそらく本人が期待していると感じられる目標には少し距離が残るかな、というときに用います。「3回くらい受けたら、まあまあいい感じですね。」のように用います。ポジティブにとらえていただいていい回答のひとつです。

  「回数が必要です」

 何回くらいとか目安になることを具体的に言わない場合は、効果そのものより、本人の経験と知識が不足していると感じられる場合に、使います。根本的に考え方を改めていただく必要があります。効果についてはいいと思っているときがほとんどで、実はポジティブな回答のひとつです。

  「効果には個人差があります」

 あまりオススメしてはいませんが、どうしても試したいという好奇心が抑えられない方に、お伝えする言葉です。がっかりさせないための保険です。若干ネガティブですが、それでもチャレンジする価値がないわけではありません。

  「効果はありません」

 効果があるかないかというより、その方にその施術を受けていただくメリットがお互いにない場合に用います。

 

 

 そんなに大したことではなく、僕のカウンセリングでしか通用しないかもしれませんが、読んでいただいた方の参考になれば幸いです。

 

 

 ちなみに、例のカレー屋さんは、

「そこそこ辛いっすよ。いちばん売れるのは中辛っす。」

と答えて、客はそれを注文していました。

 

 

。。。。深い意味はありませんが、プライム銀座美容クリニック院長高澤博和の無料のカウンセリングでお待ちしております。

 治療を受ける方から、よく聞かれる質問についてお答えします。より具体的な、ためになる内容のものは「コラム」のコーナーをご覧ください。ドクターブログでは、医学的な観点からはかなり外れたごくごく個人的なしょうもないやりとりを紹介するものですのでご了解ください。

 

「これって、痛いですか?」

 こういうご質問は、美容のクリニックでは挨拶のようなものです。いろいろな治療を経験したベテランの方でも、新しい治療に取り組む際には必ず、「痛いですか?」とニヤッと笑みをうかべながら聞かれます。

 

 まずお伝えしたいのは、当院では痛みへの基本的配慮はしっかりしています。注射などの施術中に保冷剤での冷却はかかさず行いますし、レーザー処置や水光注射では事実上全例に”厚塗り”の表面麻酔をご提供しています。必要だと判断した場合には笑気ガスを用います。

 ですがこのように痛みの対策を十分にした場合でも、完全な無痛にはならない場合も多く、痛みの感じをどうイメージしやすく伝えるかも工夫のしどころです。
実際のところは、
「痛いですか?」
と聞かれたときに、
「どう答えたらこの人が痛みに耐える勇気を持ってくれるだろうか。」
そして
「どう答えたら僕のことを恨まないだろうか。」(笑)
といつも考えます。

 「痛いものは痛いし、その感じ方はひとそれぞれです。表面麻酔は有料で、効果は限定的です。」
というみもふたもない内容を、いかに心にしみてありがたい感じがするように伝えるか、工夫しています。以下はその例です。

 

 

① 「レーザー脱毛中の部屋からは、足裏のツボ押しを受けてるときみたいな半笑いの悲鳴が聞こえてくるときが結構ありますね。」

 みんな頑張っているのですよ、という内容です。勇気がでます。残念ながら逆効果の場合も多々あります。

② 「注射するときにいちばん痛いのは、眉間・鼻の先端・唇です。」

 おそらくは人類の進化の過程の結果として、感覚の神経がそこに集まっているのだと、人体の神秘をイメージすることで、今の施術の痛みがいかにちっぽけなものかと感じさせる言い方です。ですがご想像の通り、これを読む人にはイメージして理解するする余裕がありますが、直接聞いた人はだれも神秘的には感じてくれたりしません。

③ 「表面麻酔は、針の刺入の痛みは半減しますけど、注入時の痛みは取れないのですよ。」

 氷冷のほうが表面麻酔より、注入時の痛みをピンポイントで抑えるために実用的です。注射の処置の時に表面麻酔を使わなかったことを後悔したりしないようにとの配慮の気持ちです。

 

 半分冗談のような小話の感じはありますが、気の持ちようでも痛みは変わりますので、リラックスして副交感神経を高めることで痛みは軽くなります。これは本当です。

 僕自身もいくつかの痛みを伴う施術を受けることがありますが、やはり痛みは少ない方がいいなといつも思います。こういう痛みを克服させるほど美を求めるという気持ちに、しっかりと応える必要がある、そう思いながら丁寧に施術を行うようにしています。痛みが不安な方は遠慮なくおっしゃってください。

新配合の Pepbu:w+ (ペップビュープラス)

 ケアシス(クライオエレクトロポレーション)の施術で新しい Pepbu:w+ (ペップビュープラス)の効果を体感できます。

 Pepbu:w+ (ペップビュープラス)は、成長因子、保湿剤、ペプチドおよびビタミンを豊富に配合しています。今回新たに配合されたイデベノンは、強力な抗酸化によって肌の再生と健康維持を促進します。フォトセラピーやケミカルピーリング、フラクショナル1540などの治療後に受けると相乗効果が得られます。

 

料金表示・お支払方法について

更新日時2019/03/15 13:06

※当サイト内の料金表示はすべて税抜き表示です。お会計当時の税率で消費税をお預かりいたしますので、あらかじめご了解ください。

※当院で行う治療はすべて自由診療の扱いになります。

※日本国籍で日本在住の方ではない場合にはご案内に別途の費用がかかる場合があります。

 

 お支払に関しては以下の各方法、またはこれらを組み合わせてご利用いただけます。

  • 現金一括
  • 各種カード取扱(一括のみ)
  • メディカルローン(条件・審査あり)

 

取り扱いカード

VISA・MasterCard・JCB・AMEX・DinersClub・銀聯カード・WeChat Pay ・Alipay

 

メディカルローン

アプラス手数料格安の医療費ローンです。3~60回まで分割が可能です。

(審査は通常1時間程度かかります。)

メディカルローンの審査・契約に必要な書類

  • 身分証明書(運転免許・保険証・パスポート等)
  • 通帳やキャッシュカード
  • 通帳の登録印

※審査だけでも承ります。詳しくはスタッフまでお気軽にお問合せください。

※未成年の方は18歳以上で定期的な収入のある方のみメディカルローンの審査ができますが、親権者の保証が必要です。学生の方は親権者の方が代理で審査・契約することが可能です。

 

未成年の方の受診について

更新日時2019/03/15 13:08

20歳未満の未成年者の受診について

 未成年の方が施術を受けられる場合には、親(または法律上の親権者)の同意書が必要です。

 (診察・カウンセリングのみの場合は不要です。)

 16歳未満の方の施術の場合は、医療脱毛やプチ整形のような簡単に行える処置の際も、親(または法律上の親権者)が同伴していただく必要があります。

 同意書の書き方

 文字などを背景に含まないレポート用紙・便箋または白紙に以下の内容を記入してください。(手書きでも結構です。)

  • タイトル:「施術同意書」
  • 同意文:〇〇〇〇(施術を受ける未成年者の名前)が〇〇〇(施術名)を受けることに同意します。
  • 記載した日付:〇〇年〇月〇日
  • 親または親権者の氏名(必ず直筆)
  • 捺印(シャチハタ以外)・本人との続柄・住所・連絡先電話番号

 以下のフォーマットをダウンロード・印刷してご利用いただくこともできます。

 未成年者施術同意書 PDFをダウンロード

 

親権者の方へのお願い

 施術の目的や副作用などはサイトに詳しく記載していますが、術前のカウンセリングにはぜひ同席していただいて、その場で注意事項の確認をしていただくことが望ましいです。施術に際しても未成年者のご本人に同意書を持たせていただいて、お電話で確認などさせていただくことも可能ですが、やはりできるだけ同伴いただくほうがよいと考えています。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

よくある質問

  Q. 親権者への電話確認はいつしますか?

 同意書を確認させていただいて、施術の予約をとるとき確認の電話をさせていただくことが多いです。電話に出る時間帯にご都合がある場合には、そのことを同意書の電話番号欄にいっしょに書いておいてください。

 又は施術当日に同意書をご持参いただく場合には、ご来院時間付近で確認のお電話に出ていただけるよう、あらかじめ打ち合わせておいていただくことが必要です。確認が取れないままですと、施術を進めることができなくなり、キャンセル扱いになる場合があります。

  Q. 施術の当日に内容を変更したい、または追加したいときは?

 親権者の直筆の同意書がない場合に施術は行うことはできませんので、もし当日に内容の変更があるかもしれない場合には、親権者の同伴をしていただくほうがいいと思います。もし内容を変更する場合に親権者の同意書がなければ当日はキャンセル扱いになる場合がありますので、予約前のカウンセリングの段階で医師にしっかりと希望を伝えたうえで十分に内容を確認しておく必要があります。

  Q. モニターで施術を受けたいときは?

 モニターの同意書も、親権者によるものを準備していただきます。写真や動画は事例研究目的のほか、広告などに使用される可能性があるため、原則として親権者の方が同伴で説明を聞いていただくようお願いいたします。

もっと見る

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半