Case症例写真

下眼瞼下制(グラマラスライン)

  • 施術ドクター:医師 中西
  • 施術日:2018年7月
  • 術前
    術後

下眼瞼下制(グラマラスライン)の症例

下眼瞼下制(グラマラスライン)の症例をご紹介します。涙袋の注入後だったのですが、もっと目を大きくしてタレ目感も欲しいとのことで下眼瞼下制(グラマラスライン)の手術を行いました。

参考までに直後の写真を示します。目の下は麻酔の影響でむくんで、止血剤の成分の影響で少し白く見えるところがあったりしますが、大きく不自然な点は見られません。ご覧の通り直後はわずかに角ばったラインになりやすいですが、1か月くらいまでにはかなり自然なラインに落ち着きます。

術後経過も順調で喜んでいただきました。モニターのご協力ありがとうございました。

料金 :
下眼瞼下制(グラマラスライン)(380,000円)

リスク・副作用・合併症について

下眼瞼下制(グラマラスライン)

①血腫・感染・縫合不全・内縫合した糸の露出

術後まれに起こることがあります。必要な場合は血腫除去・抗生剤治療・再縫合・抜糸など適切に対応します。

②理想との微妙な不一致・左右差

術後の下げ幅が理想と異なる場合や左右差が出る場合には、時期をみて調整の手術を行います。戻す手術は癒着があるため確実に行えない場合があります。

③逆まつ毛

下げ幅が大きい時にまぶたがない反して逆まつ毛になる場合、再切開によって下制を一部解除する場合と、外側の皮膚切除によって修正することがあります。外側切除の際は涙袋が小さくなります。

Doctor's Voiceドクターズボイス

医師 中西

グラマラスラインは、下げ幅の好みや左右差などで再手術を行うケースがほかの手術よりは多いかもしれません。可能な限りギリギリまで理想に近づけるよう努力します。

施術方法

優し気で魅力的なたれ目に。目尻切開と併用するとデカ目効果は目頭切開以上!!
下眼瞼下制(グラマラスライン)
  • 効果が長持ち
  • モニター募集

 下眼瞼下制(グラマラスライン)は、下のまぶたの裏側を切開して、目の下のラインを下げて固定する手術です。目の下のラインが目尻にかけてつりあがっているためにきつく見られがちな印象を、柔らかな印象に変える...

料金価格帯の目安 304,000円~

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半