Case症例写真

ストレートコグスレッドリフト

  • 施術ドクター:院長 髙澤 博和
  • 施術日:2020年1月
  • 術前
    術直後
  • 術前
    術直後

ストレートコグレッドリフトの症例

ストレートコグレッドリフトの症例をご紹介します。高周波たるみとりや水光注射などで肌表面の引き締め、ネオコラーゲン促進をしていても、どうしても皮下組織のゆるみは年々でてきます。スレッドリフトはそのようなゆるみを改善して、よりたるみにくい状態にしていきます。施術前後の見た目の変化だけではなく、そういった予防効果に注目して始められる方も増えてきています。冒頭の比較は直後ですので、すこし戻りがあるはずですのでご覧の方はご了解ください。

モニターのご協力ありがとうございました。

料金 :
ストレートコグスレッドリフト PDO8本 192,000円  PCL4本 152,000円  正気麻酔 5,000円

リスク・副作用・合併症について

①スレッドが皮膚の上から触れる・ひきつれを起こす・感染する・露出する

皮下に挿入した糸が触れたりひきつれて見えたり、皮膚側に出てきて感染を起こしたりすることがあります。糸が露出した場合は早急に取り除くことで後に残るリスクを最小限にします。

②左右差が出る

スレッドの挿入位置や本数、引っ掛かりの強さによって左右差を生じる場合があります。用手的に改善できない場合にはスレッドの再挿入で可能な限り調整します。

③後戻りする

術後にスレッドの挿入部の安静が守れなかったり、強く触れた場合などにスレッドのかかりが外れたりすることがあります。部分的にかかりが外れた場合にひきつれのように見えたり左右差の原因になったりする場合があります。用手的に改善できない場合には再挿入で可能な限り調整します。

④たるみの残存が目立つ

たるみが強い場合、プチ整形やたるみを改善するレーザー治療を併用したり、皮膚を切除するフェイスリフトの手術が必要となる場合があります。

⑤顔貌が細くなる

思った以上のリフト効果があった場合に、ほほがやせてしまったように見える場合があります。時間とともにリフト効果が少なくなると戻りますが、特に気になる場合には用手的にスレッドのかかりを外したりする場合もあります。

Doctor's Voiceドクターズボイス

院長 髙澤 博和

サーマクールやHIFUなども、皮下からの引き締めを行いますが、どちらかというとボリュームロスを伴います。どちらが目的に沿っているか、ダウンタイムは許容されるものか、など施術の選択には様々な要素を考慮する必要があります。カウンセリングではそういったことを漏らさず検討していきますので、安心してご相談ください。

施術方法

分解の遅いPCL素材でリフト効果が長持ち
【人気】ストレートコグスレッドリフト
  • 痛みが少ない
  • 効果が長持ち
  • モニター募集

新素材のPCLを使用したストレートコグスレッドは生体内での分解がゆっくりなので、リフト効果が長持ちするのが特徴です。

料金価格帯の目安 192,000円~

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半