Columnコラム

エラボトックスは続けて打つと戻りにくくなる? 更新日時 2019/04/08 15:13

読む時間の目安 3分~4分

患者B

エラボトックスを最後に打ってもらったのが半年前ですが、もう打てますか?自分では戻ったかどうかよくわからなくて、そろそろかなって思ってきたのですが。

医師

もう治療も5回目ですから、そろそろ戻りにくくなるころですね。では筋肉を触って確認します。噛んでください、、、はい楽にしてください。。咬筋の動きの戻りは少しだけあって、少量のボトックスを打つことでもう少しの追加効果はあります。その後は1年後でもいいと思います。

患者B

そんなに空けて大丈夫ですか?

医師

経験からの予測ですが、だいたい1年後を目安にしても大丈夫だと思います。ですが自分で筋肉を触って噛む動作をした時に、動きが強い感じがしたら戻ってくるサインなので早めに来てもらってもいいと思います。もしかしたら1年後でも戻りが気にならなければ今回が最後でもいいと思います。

患者B

そうなんですか、ありがとうございます!!

 

エラボトックスを何回か続けると効果が長く持続するわけ

  「続けて打つと戻りにくくなる」というコメントは各所でいわれていますし、実際にそのような感想をいただいて施術のペースをコントロールしています。なぜそうなるのか、ということに関して興味がある方は、以下のところをお読みください。

  エラボトックスを続けていると「エラの筋肉を使わずに噛むようになる」ことで戻らないと考えられる

 噛む筋肉は実は4つあります。通常は①最大の咬筋(エラの筋肉)、②次いで大きな側頭筋(こめかみの筋肉)、③④小さい内側・外側の翼突筋が協調して噛む動作を行います。

 ①のエラの筋肉にボトックスを打つと、しばらくすると動きが鈍くなります。休んでいる筋肉には血流も乏しくなりますし、筋トレをさぼっている人の筋肉のように徐々にやせてきます。数日後から徐々に動きが鈍くなり、10日目ごろからやせを感じ始め、2~4週間後くらいがやせのピークになると思います。

  このように①のエラの筋肉が動かない間は、ほかの3つの筋肉が頑張ることで、噛む動作を行います。ボトックスの効果が切れてくると、また4つの筋肉が協調して噛むように戻りますが、エラの筋肉にボトックスがうまく効いた状態が続くと、ほかの3つの筋肉で噛むということが少しずつ「クセ」になってきます。この「クセ」が強くなると、ボトックスの薬の効果が切れても、エラの筋肉を使わずに噛む動作が習慣になっているので、エラの筋肉が再び鍛えられることが少なくなります。そうして、徐々に噛む動作のクセが変化して定着してくることで、戻りにくくなってくるということが理由のひとつです。

図:噛む動作をする筋肉(咬筋以外)

   実際の治療プラン

ここまでのことを前提に治療開始後の経過を予測して、治療のプランを立てます。

 ①初回はエラの筋肉全体にしっかり効かせることを目標に大容量で治療する

 ②2~3カ月毎に維持量で(あるいは状態により大容量で)治療をまめに継続する

 ③「クセ」がついてくるころを見計らって、6カ月あけて治療、1年あけて治療、のように徐々にインターバルを伸ばして治療を継続する

 ④戻りにくいことが確認出来たら治療を終了して様子をみる

というのがある程度理想的な経過です。②の部分で通院が大変に感じる方もいますが、そこを乗り越えるとすごく良い状態を保ちやすくなるので、頑張っていただけたらと思います。

 

 

医師

エラボトックスの治療を開始したけれどもこれからどう続けたらいいか迷っている人もたくさんいると思います。どのように続けたら「ムダなく」「効果的に」維持できるか、最適な方法をお伝えします。ぜひカウンセリングにお越しください。

関連する施術方法

エラボトックス注射(プチ小顔)
  • コスパ良し
  • 痛みが少ない
  • リピート多数

 エラボトックス(プチ小顔)は、かんたんな注射で高い顔やせの効果が得られる注射です。処置は数分で終了します。通常は2週間後くらいに顔やせの効果が強くなり、3~6か月程度で効果が徐々におとろえていきます...

料金価格帯の目安 34,000円~

関連するコラム

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半