Questionよくある質問

二重・目の周りの手術

カテゴリ
test/test/test

二重・目の周りの手術

Q

まぶたが重いと感じますが、眉毛下切開リフトと切開眼瞼下垂修正のどちらがいいですか?

A

これらのふたつの手術は、どちらもまぶたの重さを改善しますが、より正確に適正な手術選択をするためにまずは「まぶたが重い」という表現をさらに分析する必要があります。まぶたが重いという表現をされる方の中には、

①厚ぼったいまぶたで印象が重い

というケースと

②まぶたの開きが悪くて黒目がかくれている、眠そうな印象になる

というケース、またはそれらの両方が当てはまる方もいます。

ごく機械的に分類すると①のまぶたの厚ぼったさを解消するのが眉毛下切開リフトです。ROOFが厚い場合にはROOFの切除を行うとさらにまぶたの厚みを減らしてすっきりすることが可能です。②のまぶたの開きを改善するのが切開眼瞼下垂修正の手術です。

ただし両方の要素が同時にあるケースも多いです。その場合には両方の手術を、ということは理屈では正しくても心情的に難しい場合があります。その場合、まずは眉毛下切開のシュミレーションをしてみましょう。眉毛下切開リフトのシュミレーションはおおよそ正確に術後の様子を直に見ることができるという点で、適応を判断するためのツールとしてすごく役に立ちます。眉を軽く引き上げるようにしてみて主な悩みが解決するなら①の要素が強いため眉毛下切開をまず受けてみるべきです。

逆に眉毛下切開リフトのシュミレーションをしたときに、二重幅が広がるだけで余計に印象が眠そうにみえるなどであった場合には、迷わず眼瞼下垂修正の手術を選択しましょう。皮膚のたるみが少なければ「切らない眼瞼下垂修正」の手術を検討してもいいかもしれません。また、眉毛下切開リフトで皮膚・眼輪筋のたるみをとって、下垂症状に対しては切らない眼瞼下垂修正の手術を選択するという組み合わせも可能です。

いずれにしても症状に合わせた手術を選択する必要がありますが、ダウンタイムのことや、術後の見た目の自然さなどの要素も考慮するとご自身で考えるよりカウンセリングでご相談いただいたほうがいいと思います。

関連する施術方法

切開 眼瞼下垂修正
  • モニター募集

 切開眼瞼下垂修正は、二重のラインを切開しておこなう眼瞼下垂修正の手術です。目を開けていても黒目が半分以上隠れてしまう重度の眼瞼下垂の方など、切らない眼瞼下垂修正の施術で改善が困難な場合に行う手術です...

料金価格帯の目安 390,000円~

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半