Questionよくある質問

二重・目の周りの手術

カテゴリ
test/test/test

二重・目の周りの手術

Q

下眼瞼下制(グラマラスライン)ではどのくらい下げることができますか?

A

実際に手術中に下げ幅をしっかりとっていくと、すごく変な目になるところまで下げることが可能です。ですので、自然にみえるくらいの範囲であれば下げられないということはありません。鏡をみながらご自身のまぶたを指で下に軽く引っ張って、いい感じに見えるところで「このくらい下げられますか?」という質問があった場合、答えは常に「Yes」です。心配はありません。

不自然な感じにはなりたくない、でも指で下にひっぱったくらいの、自然に見える下げ幅くらいでは満足できない、という場合にはふたつの方法があります。

ひとつは表側の切開を併用する方法です。裏側の切開で下制をするとまぶたの裏側が短縮しますが、極端に短縮すると表側の皮膚が余ってしまって「下まぶたが二重に」なってしまいます。そこまでの下制を裏側の短縮だけで行うと不自然ですので、余った表側の皮膚も切除することが必要になります。

もうひとつは目尻切開を併用する方法です。目尻切開を併用することで下まぶたの端っこが外れてゆるゆるになりますので、より強く下制することができます。

両方を併用する場合もあります。どこまでやるべきか、ということに関してはある程度カウンセリングでシュミレーションしながら相談で決めていただきます。

関連する施術方法

下眼瞼下制(グラマラスライン)
  • 効果が長持ち
  • モニター募集

 下眼瞼下制(グラマラスライン)は、下のまぶたの裏側を切開して、目の下のラインを下げて固定する手術です。目の下のラインが目尻にかけてつりあがっているためにきつく見られがちな印象を、柔らかな印象に変える...

料金価格帯の目安 304,000円~

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半