Questionよくある質問

二重・目の周りの手術

カテゴリ
test/test/test

二重・目の周りの手術

Q

下眼瞼下制(グラマラスライン)の手術は、あとで戻すことはできますか?

A

下眼瞼下制(グラマラスライン)の手術による変化が、期待していたような印象ではなかった場合には、手術をした方法によっては戻すことができますし、方法によっては難しい場合もあります。

基本的に裏側で埋没するタイプ、裏側で切開するタイプはどちらも戻すことができます。ひとつずつ注意点を補足します。

裏側で埋没するタイプの下制の術後に戻すときの注意点としては、埋没した糸を探して取り出したり切ったりする場合、ある程度の切開が必要になることが多いです。そのため埋没する手術よりも戻す手術の方が腫れは強くなります。ただし傷はまぶたの裏側なので腫れが引けば目立つ心配はありません。

裏側で切開するタイプの下制の術後に戻すときは、最初の手術で剥離したところが癒着しているのでそれを全部はがすように剥離しなおすようにしなければなりません。剥離する範囲は医師によりそれぞれのクセがありますので、できれば最初の手術を担当した医師に依頼するほうが良いですが、現実的にそれが難しい場合は、慣れた医師(戻す手術に慣れた医師というのも変ですが)に依頼することになると思いますが、癒着の範囲を確認しながらの手術になるため通常より広い範囲の剥離になって、やはりこちらも腫れが最初の手術より強くなる場合があります。

表側で切開するタイプで手術を行っている場合には、皮膚や眼輪筋の一部を切除している場合が通常なので、その組織の欠損を戻すことはできません。欠損が極端な場合には別の部位(上まぶたなど)からの皮膚移植などをすることも選択肢になりますが、グラマラスラインの手術の変化は微妙なので、それを戻すためとはいえ皮膚移植による傷跡が目立ってしまっては割に合わないと思います。ですので、表側で切開するタイプの下制を行う場合には原則として戻すことはできないと理解していただくべきです。

 

関連する施術方法

下眼瞼下制(グラマラスライン)
  • 効果が長持ち
  • モニター募集

 下眼瞼下制(グラマラスライン)は、下のまぶたの裏側を切開して、目の下のラインを下げて固定する手術です。目の下のラインが目尻にかけてつりあがっているためにきつく見られがちな印象を、柔らかな印象に変える...

料金価格帯の目安 304,000円~

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半