Questionよくある質問

若返り・リフトアップの手術

カテゴリ
test/test/test

若返り・リフトアップの手術

Q

切開目の下のたるみ取りの手術は腫れますか?またどのくらい腫れは続きますか?

A

切開目の下のたるみ取りの手術による術後の内出血や腫れは、大前提として各個の要因で変わりえるものですが、おおよそ2、3日は目立つ腫れがあって内出血で青く見える部分が少しあります。1週間後の抜糸時には強い腫れ感は治まっていますが傷の周辺には硬さがあり、内出血後の代謝物によるうす黄色の色素が見えるような状況です。抜糸時には傷は少し赤く見えますが、目立つという程度ではありません。

術後の腫れが長引きやすい要因のいくつかを挙げておきます。なお、血液をサラサラにする薬などを内服しておられる場合だけは特別で、術後の出血持続によって眼瞼の外反などのリスクが大きくなりますので、内服の程度や術式によってはお受けしかねる場合があります。

年齢(高齢の方は長引きやすい)

持病(高血圧や糖尿病などの場合は長引きやすい)

組織の厚み(目の下の皮膚が薄く皮下組織が厚い方ほど、腫れが目立ちやすい)

手術の内容(目の下の脂肪の処理や眼輪筋の処理の有無)

などです。実際にどれくらいの予測になるかは、カウンセリングで診察の上でおよその見積りをご案内できると思います。

関連する施術方法

 切開目の下のたるみ取りは、下まぶたのまつげの生え際のラインで切開して、ふくらみの原因である眼窩脂肪を取り除くと同時に余分な皮膚と眼輪筋も切除します。まぶたのふくらみ・たるみ・小じわなどを強力に改善し...

料金価格帯の目安 256,000円~

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半