Newsお知らせ

【Dr.のホンネ】私って、(整形手術)やりすぎですか?という質問への答えについて

  • 更新日時 2019/04/14 23:24

 治療を受ける方から、よく聞かれる質問についてお答えします。より具体的な、ためになる内容のものは「コラム」のコーナーをご覧ください。ドクターブログでは、医学的な観点からはかなり外れたごくごく個人的なしょうもないやりとりを紹介するものですのでご了解ください。

私って、(整形手術)やりすぎですか?

 だんだん分からなくなってきてるんですよ、私って、(整形手術)やりすぎですか?という質問をされることが結構あります。こういう質問をしていただくときにはそれなりの信頼関係を構築しつつあるときが多いので、答えにはそれなりに配慮しています。思い返してみてもいろいろなパターンがあり過ぎて、まとめるのは難しいですが、今まで多かったパターンを紹介します。

  「そんなこと、ないですよ」

 マイルドなケアを丁寧に通っていただいているような本当に自然できれいな方がこういう質問をされた場合には「そんなことないですよ。」と即答します。加えて「もう少しこういうこともトライできたらもっときれいになりますよ。」とお伝えする場合も多いです。アドバイスをそのまま受け止めていただいても大丈夫です。

 逆に、本当にやりすぎだなと感じている人からの同じ質問に対しては「そんなことないですよ、大丈夫だと思います。」みたいに本人の気持ちを汲むだけのうわべの返答をすることがあります。大丈夫、といいながら「〇〇は適してないと思います。△△はちょっと期間をあけて続けましょう。」とか言って、不要な治療からなるべく遠ざかるようなアドバイスをしています。

  「まあ、けっこうやってますよね」

 まだやりすぎという感じでもないけど、この人のバックグラウンドではこれくらいで「やりすぎかな」と心配になるのだな、と考えているときの答えです。通院されている方はそれぞれ置かれた環境によって、美容へのコミットメントの程度が異なります。美容医療のライトユーザーだけのコミュニティに属する方だと、年に2,3回通っただけで「自分はやりすぎじゃないか」って心配になるようです。こういうコミュニティ内の方々は同調圧が高いので、こちらの返事も否定形を用いた返事はあまりしないことが多いです。ただ本心では肌のケアやプチ整形くらいなら、そのくらいでやりすぎだと心配する必要はないのにな、って思っていたりしますので、改めて必要に応じたケアのアドバイスは行います。

  「見た目は、自然ですよね」

 結構なペースで治療をしているのに、見た目にも触れた感じでも全然不自然なところがないような方もいらっしゃって、ポロっと本音がでてしまう場合があります。「見た目は、自然」という言葉からは、「一般的にはやりすぎだけど」というニュアンスがあふれてしまっています。ただ、こういう返事をしたケースでは、本人が鈍感なのか、あるいは返事として正解だったのかわからないですが、「よかった、安心しました。」と喜ばれることが多いです。

  「〇〇さん(有名な方など)みたいとかではないですよね」

 思わず〇〇さんを連想してしまうイメージに近いですよ、と思っているときの答えです。あまりはっきり言える性格ではないので、意図を組んで一種の警告ととらえていただくといいと思います。

まとめ

 美容医療を利用する方の「やりすぎの基準」は、客観的に決めることは難しいので、正しい返事にはその方のバックグラウンドの理解が必要です。カウンセリングではそういうところも含めて配慮・理解をしながら進めていくことを心がけています。ご相談お待ちしています。

Latest articles最新の記事

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半