Columnコラム

浅い内出血と深い内出血の違いと対策 更新日時 2019/04/08 22:39

読む時間の目安 5~6分

患者A

エラにボトックス打ってもらった後、たまに軽く鈍痛がするんですけど、あれは何か神経のところに触れたからですか?

院長
高澤 博和

エラのボトックスの注射後の鈍痛は、おそらく筋肉内出血と思われます。噛むときにも少し違和感などあったのではないでしょうか。

患者A

そうですそうです、内出血なんですか、あれ。全然青くならなかったので、出血じゃないと思ってました。

院長
高澤 博和

数日して少し黄色くなったりなどなかったですか?

患者A

そういえば、そんな感じでした。あまり気にしてなかったですけど。

院長
高澤 博和

でしたら内出血で間違いないかなと思います。筋肉内注射の際に深い筋肉内で出血があると、鈍痛や違和感があり、少しの腫れ感がありますが、数日以内に治まることが多いです。おさまってくる頃に、出血した成分が代謝されて薄い黄色に見えてくることもあります。

患者A

内出血だったんですね。神経じゃなくてよかったです。

院長
高澤 博和

小さな違和感でも報告してもらえるとより安心ですので、今後も気になることがあったら言ってくださいね。

患者A

はい、ありがとうございました。

 

浅い出血と深い出血は、ダウンタイムに違いがある

 上の会話にも出てきたように、内出血を説明しやすくする目的で、以下の2種類に区別します。
・目立つけど、別にもう気にしないと言われることの多い「浅い出血」
・目立たないけど逆に不安になって電話で相談される方が多い「深い出血」
以下にそれぞれを解説していきます。

  浅いところの出血

 注射針を使うすべての処置で、浅いところの内出血を起こす可能性があります。浅いところの内出血を減らすためには、
・実用的な範囲で細い針を使うこと
・見える血管を極力避けて、傷つけないこと
・適宜マイクロカニュレを使用することで刺す回数を減らすこと
などが大事になります。
 浅いところで血管に当たると注射針を抜く前から軽く腫れてきます。針を抜いた瞬間から血が皮膚の外に出てきますので、施術者はすぐに気づきます。その場ですぐに30秒ほどの圧迫するとまず間違いなく止血しますが、出血の程度によって皮下ににじんでいくと少し青くなるケースがあります。ほとんどは「お化粧で隠せる程度」です。
 部位別には、肌の薄い目の周囲やこめかみなどの出血は透けて見えやすいため、わずかな出血でも青く見えます。肌が厚いほほなどの出血は、同じ程度の出血ならあまり目立つことが少ないです。そのため、目の周囲の皮膚の薄いところが出血しやすいと思う方が多いです。これに関しては正確な話ではないにせよ、訂正する必要がない程度の誤解、というところでしょうか。
 いずれにせよ、その場での圧迫と冷却により確実に止血することが大事で、あとは運動したりお酒を飲んだりするとジワッと内出血が拡がる可能性があるので、24時間以内は控えめに過ごしていただくことも重要になります。
残念ながら青くなってしまったところは、すぐには改善しません。出血班の小さなものは1週間程度で消えますが、大きなものになると1週間程度かけて代謝が進んで薄黄色に変色し、もう1週間程度かけて消えていきます。ただ、浅い出血に関しては、美容の注入処置の経験が豊富な方ほど、
「まあ、丁寧にやってくれてさえいたら、ちょっと出るくらいはしょうがない」
と考えてくださっている方が多いです。大変恐縮です。

  深いところの出血

 深く注入するヒアルロン酸注入や脂肪溶解注射で起こる可能性があります。筋肉内の細かい血管や骨膜上の血管叢は皮膚の外からは目視できないので、ほぼ確率的な現象になります。できることは、出血かなと疑った瞬間に圧迫を加えて止血を早めにすること、さらに止血後も再出血しないようになるべく患部を安静にすることくらいです。
 深いところの出血は、ほとんどのケースで皮膚表面が青くなることがありません。針穴から出血することもしないこともあるため、すぐに気づかないこともあります。出血した瞬間に少し強めの痛みを感じますが、ヒアルロン酸注入の場合には局所麻酔入りの製剤が多いためその痛みもすぐに消えてしまいます。そのため気づかれないままお帰りになる方もいらっしゃいますが、多くのケースでは注入して1、2分以内くらいからわずかに腫れた感じがしてくるため、注入終了時に左右のボリュームの差が少し気になることがあります。そういう場合には深いところの内出血を疑います。最近の注入用ヒアルロン酸製剤のほとんどには麻酔が配合されていますので、施術の直後に痛むことはありませんが、数時間後に麻酔が切れてくると、鈍痛があったり、触れたときに少し痛む感じがします。この時点で心配になってお電話いただくことが時々あります。
 深い内出血のほとんどのケースでは表面が青くなることはありませんが、3日目以降くらいにぼんやりと薄黄色になってくることが多いです。このような深いところの内出血は残念ながらどなたにも確率的に起こりうることで、最初は心配になることもあるかもしれませんが、そのまま様子を見ていただくだけで問題なく治ります。

医師

 なんとなく、イメージがわくでしょうか。内出血がどのようなものか理解することで、不要な不安がすこしでも解消すればと思います。ただしこれらはケースバイケースで、すべての違和感を内出血だと安易に判断することのないようにお願いします。痛み・腫れやその他の違和感が持続する場合は内出血以外の異常のサインかもしれませんので、判断が遅れないように診察に来ていただくことがベストです。

関連する施術方法

エラボトックス注射(プチ小顔)
  • コスパ良し
  • 痛みが少ない
  • リピート多数

 エラボトックス(プチ小顔)は、かんたんな注射で高い顔やせの効果が得られる注射です。処置は数分で終了します。通常は2週間後くらいに顔やせの効果が強くなり、3~6か月程度で効果が徐々におとろえていきます...

料金価格帯の目安 34,000円~

ヒアルロン酸注入
  • 痛みが少ない
  • 効果が長持ち
  • モニター募集

 ヒアルロン酸注入は最も手軽で効果の高い美容の施術のひとつです。もう行っていないクリニックはないと思われるほど一般にも普及した感じはありますが、だからこそ、プライム銀座でないと得られないような満足を追...

料金価格帯の目安 36,000円~

ボトックス注射
  • スタッフがハマった
  • コスパ良し
  • リピート多数

 ボトックス注射(プチしわ取り)は、表情筋の過剰な動きによるしわを柔らげるともに、皮膚にしわが刻まれていくことを予防していく注射の治療です。処置は数分で終了します。通常は注射後2、3日後から効果を実感...

料金価格帯の目安 8,800円~

関連するコラム

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半