Questionよくある質問

カテゴリ
test/test/test

Q

GB法プラスリフトはあまり聞いたことがないのですが特殊な手術ですか?

A

GB法(ゴールドバーグ法)と呼ばれる方法は下まぶたの若返り手術の中でも、まぶたの裏側から(経結膜的に)目の下の脂肪を移動して平らにする手術のひとつです。2000年にGoldberg氏によって報告されたこの術式は、合併症が少なく安定した成績が出る非常にバランスの良い治療です。髙澤が永らく下まぶたの若返り治療の中で第一選択としている術式であり、その間GB法の原法から幾度かの改良を経て、溶ける糸による縫合を工夫して「プラスリフト」の効果を得るようにしたものが現在の「GB法プラスリフト」です。

GB法の良い点は、簡単に理解できるものでも

まぶたの裏側からの治療である(皮膚に傷跡がない)

骨膜下への移動は比較的スムーズで、しっかり移動することができる

脂肪を切り取らずに移動するため移動した脂肪の定着率が高い

合併症が少ない

などがあります。ただし元法では

脂肪をけん引している糸を3日後に抜糸する必要がある

固定糸が抜糸までに炎症をおこして跡が残ることがある

などがあるため、それらを解決するために考案した縫合が、ミッドチークのリフト効果があると評価をいただいたのをきっかけに「プラスリフト」と名付けて今に至ります。効果の安定性・手術時間やダウンタイムの短さ・合併症リスクの少なさのすべての点でバランスが良い治療だと自負しています。目の下のクマでお悩みの方はぜひカウンセリングでご相談ください。

 

 

 

関連する施術方法

 経結膜眼窩脂肪移動術は、まぶたの裏側で切開して、ふくらみの原因である眼窩脂肪をへこみの部分に移動して縫い付けることで、目の下のふくらみ・へこみによる影クマを強力に改善する方法です。眼窩脂肪を除去しな...

料金価格帯の目安 392,000円~

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半