Method施術方法

乳輪縮小

バストの印象を変える

 乳輪縮小は、乳房に対して大きすぎるバランスの乳輪を切開して縮小する手術です。もともと大きいバストで乳輪が広がっている方、出産・授乳の間に伸びて広がってしまった方のどちらも適応があります。

Feature施術の特徴

乳輪縮小の手術について

 大きく、肥大した乳輪をバランスよいサイズに小さくします

 乳輪の肥大はバストの発育に伴ってみられることが多く、授乳後にバストのボリュームが小さくなることでより乳輪が大きく感じられるようになります。多くのケースはそういった自然な経過のものですが、美容的にバランスを欠いた状態でお悩みの場合には、乳輪を縮小してバストサイズとバランスをとる手術がおすすめです。

手術のデザイン

 乳輪の直径の平均値は3.5㎝程度といわれています。ただしバストのサイズはそれぞれですので、平均値にこだわらずそれぞれのバストとのバランスをみながらご希望をうかがいます。手術のデザインには内側切開と外側切開があり、それぞれの違いの概要を以下に記します。

  内側切開

 控えめな縮小をする場合には、傷が目立ちにくくギャザーも軽度(通常半年以内に軽快する)になるデザインの内側切開をします。乳頭の基部に沿って切開して、縮小します。わずかに乳頭が辺縁に引っ張られる感じで平坦化する傾向がありますが、ほとんど後戻りもなく、良好な経過に見えやすい切開法です。

  外側切開

 乳輪の直径が5㎝以上あって、かなりの縮小を目指す場合には、外側切開をします。乳輪の辺縁部をドーナツ状に切除するデザインですので切除後は辺縁がくっきりします。大きく切除できるデザインですが、大きく寄せた傷の周りの皮膚が波打つしわになる(ギャザー)のが目立たなくなるのに比較的時間がかかるほか、切除量に応じて再拡大(後戻り)がみられたり、傷あとの瘢痕が思ったより目立ったりするというリスクが、内側切開に比べて高くなります。

ギャザーについて

 内側切開と外側切開のどちらでも、ドーナツ状切開には辺縁にギャザーの広がりがみられます。それは、内側の辺縁の円周が短く、外側の辺縁の円周が長いため、それらをぴったり合わせることが論理的には不可能であるからです。実際の手術時には、深く波打ったギャザーが周囲の一方の側に偏って存在することなどがないように、丁寧にデザイン・縫合していきます。通常はギャザーはだんだん目立たなくなり、特に内側切開では半年程度でほとんどわからなくなります。

あと戻り(再拡大)について

あと戻りする要因の主なものは次のふたつです。

①もともとバストが大きく乳腺の重さがある

②切除範囲が広い

などがリスク要因になります。プライム銀座では、外周部のあと戻りに向かうテンションを軽減するために、外周部の皮下に巾着縫合をかけて再拡大を防ぐ工夫をしています。

Flow施術の流れ

  1. 01カウンセリング・ご予約

    カウンセリングでは治療を担当する医師が直接ご希望を入念にうかがいます。お気に入りの写真などをお持ちいただくことはカウンセリングでイメージを共有する助けになります。目的とする結果を得るために最適な施術がほかにある場合には、その違いなどを含めて説明します。手術のお気持ちが決まりましたらご都合のよい日時を選んでご予約をいただきます。

  2. 02治療当日

    治療内容・注意事項の再確認をし、術前の撮影を行います。オプションの麻酔や点滴などは当日追加することも可能ですのでお気軽にご相談ください。また、シンエックや痛み止めの内服などを手術前に行うこともできます。

  3. 03麻酔

    手術は局所麻酔で行いますが、その注射の時の痛みを抑えるために、ご希望に応じて笑気麻酔をご利用いただけます。

  4. 04手術

    仰向けの状態で正確にマーキングして、手術を始めます。局所麻酔は少し痛みますがそれが終われば痛みは全くありません。止血を十分に確認して、粘膜下・粘膜を縫合して終了です。

  5. 05治療後

    内服や術後の注意事項などの再確認をします。帰宅後は圧迫して血流を悪くしたりしないように注意して過ごしていただきます。

  6. 06抜糸

    原則7日後にご来院いただいて抜糸を行います。どうしてもスケジュールが合わない場合には1日程度前後することは状態によって可能です。

  7. 07アフターケア

    治療後の注意事項で不明な点の確認などはお電話で承ります。治療後に気になることがあって診察が必要な場合には、お電話でご予約の上、気軽にご来院ください。

Detail and aftercare施術の詳細・リスクとアフターケア

施術時間

80分~120分

麻酔

局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)

ご来院までの注意事項

①疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。

②前日のアルコールなどは控えて、よく睡眠を取ってください。

③圧迫の少ない下着を着用してください。

(静脈麻酔をご希望の場合)

静脈麻酔の注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。

術後の通院

10日後を目安に抜糸をします。スケジュールが合わない場合、状態によって1、2日程度前後することは可能です。

シャワー・入浴

シャワーは防水のテープで保護して当日から可能です。長い入浴は腫れを強くする恐れがありますので1週間程度お控えください。

飲酒・運動

飲酒は1週間程お控えください。軽い運動は1週間後から、激しい運動は1ヶ月後から再開していただけます。

ダウンタイム

①腫れは2~3日目をピークに10日前後で目立つ腫れは落ち着いてきます。縮小効果は腫れている間には実感しにくいことがあります。

②内出血は1~2週間程度で落ち着いてきます。

③手術部位が安定するまで、うつぶせ寝、締め付けの強い下着の着用、その他強く触れることは1ヶ月はお控えください。

④傷あとはしばらく赤みがあり硬くなりますが、3~6カ月程度の時間の経過とともに白っぽい線状に変化し、硬さがとれてきます。

仕上がり

腫れ・傷の赤みがひくのは、およそ3~6ヶ月後になります。

リスク・副作用・合併症

①血腫・感染・縫合不全

術後まれに起こることがあります。必要な場合は血腫除去・排膿・抗生剤治療・再縫合など適切に対応します。

②満足できる縮小が得られない・左右差がある

粘膜の切除量が少ないと、ご希望の縮小が得られないことがあります。追加の縮小で修正は可能ですが、過剰な縮小はギャザーや傷あとが目立つなど、整容的(見ため)によくないことがあります。

③乳輪が小さくなりすぎる

切除量が大きいと、術後乳輪が小さすぎると感じる可能性があります。この場合は修正は困難です。術前のデザインは慎重に相談して、切除しすぎないことが重要です。

④左右差が残る

大きいほうを追加切除することで左右差を整えるように調整します。

⑤傷跡・ギャザー(ひきつれ)が残る

縫合した創のズレや微細な血種形成などにより、治癒の過程で創痕の段差や凹みが起こることがあります。レーザー治療や傷の切開修正などの方法があります。縮小量が大きくてギャザーが目立つように残る場合には、円の直径方向への切開で改善することができますが、傷あとは目立つ可能性があります。

⑥乳頭が低くなる

大きく粘膜を切除した場合などに、乳輪に乳頭が引っ張られる形になり、乳頭が低くなることがあります。

⑥乳輪・乳頭の知覚鈍麻

手術操作によって微細な神経を傷つけたりすることがあり、感覚が鈍くなることがあります。通常は1年以内で落ち着いてきますが、完全には戻らないこともあります。

その他

※再手術や修正手術などで改善する余地がある場合には、通常は完全に腫れが引く6カ月後以降に行います。

Price施術にかかる料金

乳輪縮小

両側 320,000円 → 256,000円(モニター)
片側修正 180,000円

オプション

笑気麻酔 5,000円
静脈麻酔 55,000円
腫れ・痛み予防点滴 8,000円
シンエック内服(3日) 5,000円
シンエック内服(6日) 10,000円
料金表示・お支払方法について
  • ※当サイト内の料金表示はすべて税抜き表示です。
     お会計当時の税率で消費税をお預かりいたしますので、あらかじめご了解ください。
  • ※当院で行う治療はすべて自由診療の扱いになります。
  • ※日本国籍で日本在住の方ではない場合にはご案内に別途の費用がかかる場合があります。
取り扱いカード
VISA・MasterCard・JCB・AMEX・DinersClub・銀聯カード・WeChat Pay・Alipay
取り扱いカード
体験チケットサービス
kireipass初めての方限定!お得なチケット掲載中
メディカルローン
メディカルローンについて詳しくはこちらをご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半