Movie動画解説

自分の細胞で若返り!?安心安全のPRP注入治療

医師の髙澤です。

一般的に目の下のクマは3種(影・青・茶)にわけて考えることが多いです。

どうしてこのように分けるかというと、治療方針がそれぞれ異なるからです。

・影クマは凹凸などの形態の治療なので、手術または注入が適応です。

・青クマは皮膚の透けが原因なので、皮膚の再生治療またはコラーゲン注入などが適応です。

・茶クマは色素沈着によるクマなので、日常のトリートメントの見直しやレーザー治療などが適応です。

動画内で解説しているように、仰向けになって鏡をみると光が正面から当たることで影が消えますので、影クマを除いた状態で目の下のクマを観察できます。このときに見える青クマが気になる場合には、PRP治療を含む皮膚の再生治療がお勧めです。

 

過去のコラム

PRPの効果の持続はどれくらい?何回くらい治療をするべき?

PRPとFGFの違いは?どっちが私に向いていますか?

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半