Method施術方法

眉毛下リフト

間延びした眉下の印象をキリッとひきしめ、自然な二重も復活

 眉毛下リフトは、眉下のラインに沿って切開して余分にたるんだ皮膚を切除することで、上のまぶたのたるみを改善する手術です。熟練の医師が傷跡が目立たないように丁寧に縫合します。眉毛の下のラインに沿っているため、傷跡はほとんどわからないくらいになります。

Feature施術の特徴

眉毛下リフトによる若返り治療

 もともと二重のラインがきれいで、年齢とともにたるみが進んで二重のラインがせまくなったと感じている方は非常に多いです。また、額のしわ治療のためにボトックス注射を受けた後にまぶたが重くなったことを実感したという場合にも、眉毛下リフトは有効な治療プランのひとつです。

眉毛下リフトの手術について

 眉毛下リフトは眉のラインに沿って切開をして、まぶたのたるみを改善するとともに、不自然につりあがった眉を落ち着いた状態に下げる効果があります。

眉毛下リフトはより自然な仕上がりが見込める手術法

 まぶたのたるみを改善するための手術は複数の種類があり、それぞれ改善のポイントによって使い分ける必要があります。主な選択肢は以下の3つがあります。

①二重まぶたの埋没法によるたるみ改善

②二重のライン上での切開たるみとりによるたるみ改善

③眉毛下リフトによるたるみ改善

 埋没法は軽度なたるみに対して手軽で自然なたるみの改善がえられるため、最初に検討するべきです。診察でデザイン的にどうしても切開が必要と判断された場合に、たるみ改善の効果の強さという点では二重のライン上での切開のたるみとりが優れていますが、「仕上がりの自然さ」という点では眉毛下リフトが優れています。

眉毛下リフトではデザインの確認を入念に行います

 眉毛下リフトは切開のラインを眉毛のしたに沿って設定しますが、どこからどこまで切開するかという範囲は人それぞれ適したデザインが違います。できるだけ傷は短く、目立たなくしたいというご要望に沿うことを前提にしますが、デザインについてはあらかじめご理解いただきたいことがあります。端的に言うと、「切開するラインの長さはより長く設定したほうが術後の印象は自然できれい」ということです。

 以下にふたつのデザインでの手術後のイメージをイラスト化しましたが、たるみを取る範囲が狭いとひきつれのようなしわができてしまったり、二重のラインを変形させたり、そもそもの目標である自然で若々しい目もとの印象が達成できなくなる可能性がありますので、切開のラインは必要なぶんだけ十分に長く設定することが必要です。時には眉毛の範囲を超えて切開する必要がある場合もありますので、術前に十分ご確認下さい。

 

最適な手術を選択するための考え方

 複数のクリニックでカウンセリングを受けると医師によって手術選択が異なることも多く、医師の言うままに手術を選択することに不安を覚えることもあると思います。そういう時には以下のように自分でシュミレーションをすることで、医師の手術選択の理由などが理解しやすくなり、自信をもって手術の選択ができます。

まず埋没法の二重のシュミレーションをする

 まずは埋没法の二重でたるみとりの治療をするとどうなるか、確認してみます。シュミレーションしてみて問題ないと感じたら、埋没法の手術で決定です。切開する手術はまだ検討する必要はありません。

 埋没法で行う二重手術のシュミレーションは、実は鏡を見ながら自分でできてしまいます。鏡で自分のまぶたをみながら、先端の細いアメピンやつまようじの様なもので、二重の折り返しを作ってみましょう。手に持っているアメピンをまぶたから離すときに、ぐっとまばたきをしないように我慢してみてください。そのとき見えている状態が、そのまま埋没法の術後の状態だと思っても、間違いはありません。いろいろラインの高さを変えてシュミレーションしてみるとイメージがしやすいと思います。

 埋没法のシュミレーションをした時に、

・目尻側のたるみがいまいち改善しきれない

・ラインの形がクリっとした丸みのあるラインじゃなくてペタッと平らになりやすい

・二重のかぶさりの厚みが厚ぼったいのが気になる

など、埋没法のシュミレーションでイマイチ改善が不十分に感じられたら、眉毛下リフトでのシュミレーションをしてみます。

次は眉毛下リフトのシュミレーションをする

 眉毛下リフトのシュミレーションは、鏡をみながら眉を上げてみたり、指で眉のいろんな場所を持ち上げてみることで行います。どこかのポイントでいい感じがしたら、それを覚えておきましょう。術前のカウンセリングで医師に「こんな感じがいいです。」と伝えていただくと、よりまちがいのない精密なデザインで手術が受けられます。

どちらもイマイチな場合は二重のラインで切開してたるみを切除する

 埋没法のシュミレーションも、眉毛下リフトのシュミレーションもイマイチと感じたり、眉毛下の傷あとがどうしても受け入れられないという場合には、二重ラインを切開するたるみ取りの手術を検討します。この手術は最も強力にたるみを切除できる反面、術後に二重のかぶさりの厚みが厚ぼったく感じられやすいため、眉毛下リフトのほうがより自然な印象になります。

正確なシュミレーションや細かいデザインの確認は医師がカウンセリングで行います

 自分で行うシュミレーションは、ここに説明があるとおりに行ったつもりでも、細かい条件によって正確ではない場合があります。手術を受けた後になって、自分でやったシュミレーションと結果が異なるため困る、ということがないように術前のカウンセリングで必ずイメージをご確認ください。

手術の決定にはそのほかの個人的な要素もすべて考慮に入れて決定します

 実際にはカウンセリングで相談いただく方の5割は埋没法のよい適応で、2割が埋没法で完璧ではないもののかなりの改善が見込めます。残り3割の方は埋没法では改善が不十分と見込まれるために切開する手術を検討していただいています。切開の手術の際には、休暇の日数・傷あとのカバーの問題・周囲の人の理解レベル・コストなど様々な個人的要因を含めてできる限りすべての疑問点を洗い出し、それらをまとめ上げて最終的に手術の決定(または時期を改めて再検討)をします。

Flow施術の流れ

  1. 01カウンセリング・ご予約

    カウンセリングでは治療を担当する医師が直接ご希望を入念にうかがいます。まぶたのたるみの治療として最適な施術が選択できるように、それぞれの手術の違いなどを含めて説明します。手術のお気持ちが決まりましたらご都合のよい日時を選んでご予約をいただきます。

  2. 02治療当日

    治療内容・注意事項の再確認をし、術前の撮影を行います。オプションの麻酔や点滴などは当日追加することも可能ですのでお気軽にご相談ください。また、シンエックや痛み止めの内服などを手術前に行うこともできます。

  3. 03マーキング

    座った状態でまぶたのたるみを観察し、皮膚の切除範囲をシュミレーションに基づいて決め、仮のマーキングをします。近視などがあって鏡で見づらい場合には、撮影してご覧いただいて確認することもできます。

  4. 04麻酔

    手術は点眼麻酔と局所麻酔で行いますが、その注射の時の痛みや不安を抑えるために、ご希望に応じて笑気麻酔をご利用いただけます。

  5. 05手術

    仰向けの状態でラインを正確にマーキングして、手術を始めます。局所麻酔を眉の下に注射するときに少し痛みますがその後は痛みはありません。仮の縫合をした状態で問題のないことを確認します。十分に止血を確認して皮膚を縫合して終了します。

  6. 06治療後

    腫れ感がありますが、痛みはありません。内服や術後の注意事項などの再確認をします。帰宅後は水袋などで軽く冷やすことも、ダウンタイムの軽減に役立ちます。

  7. 07抜糸

    原則7日後にご来院いただいて抜糸を行います。どうしてもスケジュールが合わない場合には1日程度前後することは状態によって可能です。

  8. 08アフターケア

    治療後の注意事項で不明な点の確認などはお電話で承ります。治療後に気になることがあって診察が必要な場合には、お電話でご予約の上、気軽にご来院ください。

Detail and aftercare施術の詳細・リスクとアフターケア

施術時間

30分~50分

麻酔

点眼麻酔、局所麻酔、笑気麻酔(オプション)、静脈麻酔(オプション)

ご来院までの注意事項

①目の疾患や内服中の薬がある方はあらかじめお伝えください。

②術後はコンタクトを使用できない期間があります。コンタクトで視力矯正中の方は代わりにメガネをご準備ください。

③メイクは術前に落としていただきます。まつ毛エクステは術中に取れてしまうことがあります。

④術後数時間は麻酔の影響もありますので、ご自身で運転してのご来院はお控えください。

⑤術後、目元を隠すためサングラスやダテメガネをご持参ください。

(静脈麻酔をご希望の場合)

静脈麻酔の注意事項をよく読んで、飲食の制限を守ってください。

術後の通院

7日後を目安に抜糸をします。スケジュールが合わない場合、状態によって1日程度前後することは可能です。

メイク・洗顔

翌日以降できること

目の周り以外のメイク・クレンジング

目の周りを含めて水・お湯のみの洗顔(傷を引っ張らないように気を付ける)

 

抜糸の翌日以降できること

アイメイク・クレンジング

コンタクト

術後1週間はなるべく使用を控えてください。

シャワー・入浴

シャワーは当日から、洗顔は翌日から可能です。長い入浴は腫れを強くする恐れがありますので1週間程度お控えください。

飲酒・運動

飲酒は1週間程お控えください。軽い運動は1週間後から、激しい運動は1ヶ月後から再開していただけます。

ダウンタイム

①目立つ腫れは通常4~7日程で落ち着きます。高齢の方や内出血の程度によっては長引く場合があります。

②内出血は1~2週間程度で消失します。抜糸の翌日以降はメイクでカバーしていただけます。

③傷あとはしばらく赤みがあり硬くなりますが、3~6カ月程度の時間の経過とともに白っぽい線状に変化し、硬さがとれてきます。

仕上がり

腫れ・傷の赤みがひくのは、およそ3~6ヶ月後になります。

リスク・副作用・合併症

①血腫・感染・縫合不全・内縫合した糸の露出

術後まれに起こることがあります。必要な場合は血腫除去・抗生剤治療・再縫合・抜糸など適切に対応します。

②たるみが残る・ひきつれる

切開ライン短くするなどデザインに制限を課す場合に、たるみの十分な改善が得られなかったり、ひきつれた感じに見えることがあります。また、術後にまぶたの開きがよくなり額の筋肉を使わなくなることで眉の位置が下がり、予定よりたるみが戻ってくる場合があります。これらをある程度予測した上でデザインをします。カウンセリングで事前に十分に確認してください。

③目が閉じにくい・突っ張る

眉の下がりによってたるみが少し戻ることを予測して少し余分に切開しますので、術直後はやや過剰にリフトアップした印象になり、目が閉じにくいと感じる場合があります。時間とともに落ち着きます。

④理想との微妙な不一致・左右差

二重まぶたを修正する手術ではありませんので、二重のラインは術前の状態を反映したものになります。左右差が気になる場合もあります。再手術・修正手術で調整が可能かを現実的に検討します。

⑤ラインが浅く、短くなる

まぶたのたるみが取れるため、二重のラインが浅くなったり短くなったりします。必要があれば腫れが引いたころに二重の修正の手術を検討します。

⑥傷あとの段差・不正なふくらみ

程度の差はありますが傷あとは必ず残ります。段差などが目立つ場合にはレーザーで段差を削るまたは修正の手術を行います。

Case症例写真

眉毛下リフト GB法プラスリフト
  • 術前

  • 術後1カ月

  • 施術ドクター:院長 髙澤 博和
  • 施術日:2020年1月
詳しい内容を見る
GB法プラスリフト 眉毛下リフト
  • 術前

  • 術後2週間

  • 施術ドクター:院長 髙澤 博和
  • 施術日:2019年6月
詳しい内容を見る
眉毛下リフト
  • 術前

  • 術後

  • 施術ドクター:院長 髙澤 博和
  • 施術日:2018年7月
詳しい内容を見る
眉毛下切開リフト
  • 術前

  • 9カ月後

  • 施術ドクター:院長 髙澤 博和
  • 施術日:2018年8月
詳しい内容を見る

Price施術にかかる料金

眉毛下リフト

眉毛下リフト 360,000円 → 288,000円(モニター)

オプション

笑気麻酔 5,000円
静脈麻酔 55,000円
腫れ・痛み予防点滴 8,000円
シンエック内服(3日) 5,000円
シンエック内服(6日) 10,000円
料金表示・お支払方法について
  • ※当サイト内の料金表示はすべて税抜き表示です。
     お会計当時の税率で消費税をお預かりいたしますので、あらかじめご了解ください。
  • ※当院で行う治療はすべて自由診療の扱いになります。
  • ※日本国籍で日本在住の方ではない場合にはご案内に別途の費用がかかる場合があります。
取り扱いカード
VISA・MasterCard・JCB・AMEX・DinersClub・銀聯カード・WeChat Pay・Alipay
取り扱いカード
体験チケットサービス
kireipass初めての方限定!お得なチケット掲載中
メディカルローン
メディカルローンについて詳しくはこちらをご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休受付時間:11時~19時半
お電話でカウンセリング予約・ご相談
0120-977-278
不定休 / 受付時間:11時~19時半